好奇心の記録

すごい会議で働いている西澤薫の、日々の気づきのブログ。

「用途」と「機能」の違い

記念すべきブログ26日目。

本日は、午前中にBRAT関連で1人会い、午後からはお客様のセッションのサポートをしておりました。

その後は、先輩コーチ行きつけの素敵な美容室で散髪。

f:id:rukkas-interneet:20170526190354j:image

百倍オシャレになりました。

 

「人との出会いが学びを生む」と言いますが、本日はまさにそんな日。

素晴らしい出会いと、素晴らしいFBの連続で、学びにあふれた1日でした。

 

 

 

そんな日の一コマ。

 

 ある先輩コーチが私の時計を見て、

「その時計、変えた方がいいよ。機能ないから。」

と言いました。

私はその時、大手量販店で買った安めの時計をつけていました。

 

機能がない??

いや、私はこの時計を時間を測るために使っていますよ。

機能あります。

もしかしたら時計止まってるのかな?

いや、動いている。ちゃんと。

と思った私。

 

不思議に思い、

「時計の機能はなんですか?」

と先輩コーチに聞きました。


「時計の機能は『信用』だね」

と先輩コーチは言いました。
「だって、時間を知ることは、携帯見たらできるでしょ。」

 

 

 

私がこの話を聞いて考えたのは、

「用途」と「機能」には違いがある、ということでした。

用途とは、その物の使い道を表すのに対し、

機能とは、その物の働きや及ぼす作用のことを言います。

英語だと、用途はa use、機能は functionとか、workなんて訳され方をするようです。

こっちの方が分かりやすいですかね。

 

例えば、「包丁」を考えてみましょう。

包丁の用途は「食べ物を切る」です。

一方で、包丁の機能は「食べ物が切れる」以外に、「持ってると相手に恐怖を与える」とか、もしかしたら「コレクションに出来る」というものがあるかもしれません。

 

機能には、用途にはない「どんな影響を与えるか?」という意味合いが含まれているんですね。

 

 

 

私自身の中で、時計というものは時間を測る用途として使用していました。

その先輩コーチが言った、「時計の機能は『信用』」とは、時計が

「相手に『この人は任す価値があるのか?』という信頼バロメータを左右する」のもの」

という機能を持つ、ということです。

なので、バロメータを向上させるものではない(むしろ下がる可能性がある)時計に対しては「機能がない」と言ったのでしょう。

 

用途だけではなく、機能という区別を持つことは効果的です。

 

と、ボンヤリ考えながら、美容院で髪を切ってもらってる時、私はすごく面白いことに気づきました!(私が言うには)

やはり気のいい場所で思考することは、いいアイディアに繋がりますね。

今日は長くなったので、その話はまた明日のブログに書きます!(多分)