好奇心の記録

すごい会議で働いている西澤薫の、日々の気づきのブログ。

「機能」と「ツール」の掛け算がビジネスを創る

記念すべきブログ27日目。

本日は、いとこの結婚式に出席してきました。

結婚式場は、町が一望できる高台に建つ協会。

素敵な会場で、素敵な食事に舌鼓しました。

f:id:rukkas-interneet:20170527170712j:image

結婚式をこうした空間でやるだけでも、結婚する2人の素敵な未来が見えてきます。

 

すごい会議でも、会議を行う部屋にとてもこだわります。

時には、わざわざリッツ・カールトンのスペースを借りて会議を行うほど。

 

気のいい場所でやる理由は、アイディアが出やすくなるからなのはもちろん、

会議中から、素敵な未来がどんどん見えてくるからかもしれませんね。

 

 

 

 今日は「機能」の話の続き。

「用途」と「機能」の違い - 好奇心の記録

 

時計の話をした後、その先輩コーチに付き添って美容院に向かっていた車の中。

「機能」の話ばかり考えていた私は、先輩コーチが車の中で音楽を聞いてたので、ふと

「先輩にとって音楽の機能って何ですか?」

と聞きました。

 

音楽の機能も色々あります。

ある人にとってそれは「リフレッシュする」という機能かもしれないし、

「コンテキスト(雰囲気)を変える」ものかもしれません。

僕にとって音楽はそれに近くて、「戦闘前に気持ちを高ぶらせる」ものです。

なんにせよ私たちが音楽を聞くのは、そこから何かを得るためなのです。

 

一般化すると、私たちが持つニーズに対して、人はある機能を持つツール(手段)で持ってそれを叶えようとします。

そしてある「機能」をもたらす「ツール」が、世の中で扱われてるビジネスです。

(例:「一流として振る舞える」という機能をもたらす「時計」=ロレックス)

 

 

 

 図にするとこんな感じでしょうか。

f:id:rukkas-interneet:20170527193915p:image

横軸が「ツール」で、縦軸が「機能」です。

Apple musicとか、spotifyは、いつでもどこでも雰囲気を変えられる素晴らしいツールというのが私の認識です。

 

で、前回も言ったように、「機能」は一つではありません。

もしそこに新しい「機能」を付与できれば、それは「価値の再定義」になります。

音楽に「作業効率を変化させる」という機能を再定義すると、もしかしたら「あなたの会社の生産性を変える音楽コンサル」というビジネスができるかもしれません。

 

一方で、同じ機能を新しいツールで行う試みは「機能の展開」になります。

例えば、「ツール」を「家」に変えると、「音楽に合わせて色を変える部屋」という音楽の機能の展開が始まります。

 

では、「新しい機能」をもたらす「新しいツール」が出たとしたら?

それが世の中で言われてるイノベーションではないでしょうか。

f:id:rukkas-interneet:20170527200140p:image

 

 

 

というような、「世の中のイノベーションが生まれる構造ってどんなプロセス?」というモヤモヤが私の中で一定程度解消されたお話でした。 

あってるかもしれないし、全然違うかもしれないので、これを使って色々作ってみます。

果たして「機能」と「ツール」の4象限は、私にイノベーションをもたらすのか。

 

 

最後に。

このことは2ヶ月ほど前から時に考えてました。

考え始めるきっかけになった記事がこちらです。

newspicks.com

(またまた優良記事ですが、お金を払ってもいいくらい素晴らしい話)

この記事の中で書かれていた4象限の意味がよく分かっていなかったのですが、『分野』を『機能』と置き換えると私の中でとてもすっきりしました。

 

人によって、理解しやすい言葉が違う、そんなことにも気づけました。

石川さん、いつもありがとうございます。