好奇心の記録

すごい会議で働いている西澤薫の、日々の気づきのブログ。

決めた約束を尊重する

記念すべきブログ42日目。

本日は本のご紹介。

「なぜあなたの仕事は終わらないのか?スピードは最強の武器である」

「なぜあなたの仕事は終わらないのか」の画像検索結果

マイクロソフトWindows95の設計思想を生み出した中島聡さんが書いた本です。

 

多忙、納期遅れが蔓延するプログラマーの世界で、 
この本の著者である中島氏は「一度も納期に遅れたことがない男」として有名だそうです。
小学4年生から、夏休みの宿題は7月中に終わらせて、 あとは好きなことをしていたとか。

 

 

 

どこを読んでも目から鱗の情報ばかりですが、

特に面白いのは、本の中で述べられるマイクロソフト(ひいてはビルゲイツ)の

「決めた約束を尊重する」ということへの厳しさが垣間見えるところです。

 

あるパーティーで、ビル・ゲイツが花を用意してほしいと頼みました。

しかしパーティー当日、花屋から、雪のせいで配達が遅れるという電話が来ます。

その旨をビル・ゲイツに伝えると、彼はその担当者に尋常じゃないほど怒るそうです。

 

約束が「パーティーに花を用意する」ことであれば、いかなる理由があっても花を用意することができなかったのは100%担当者の怠慢であり、責任を負うべきだというのです。

 

 

 

私たちのお客様でコミットメントを扱っていた時です。

あるコミットメントが期日までに終わらないことが分かりました。

その理由を聞くと、

『稟議書が下りないので』とか『先方が返してくれないので』といった、

「担当の私の力の及ばない範囲」によって期日が間に合わないことを主張します。

 

ある先輩コーチの話によれば、

「それは稟議書を出した時点で負けている」と。

期日までに稟議書が下りないことが想定されるのであれば、期日に間に合う(もしくは最初に約束する時点で明確にしておく)ように仕事を設計しましょう、ということです。

 

また、先方が返事をしてくれないのであれば、

どうしたら間に合うようにできるか、先方にチャレンジすることも含めて、

「約束を尊重する」立場に立つことが求められます。

 

 

 

とは言いつつ、恥ずかしながら、私自身も「約束を尊重する」というのがまだまだ出来ていません。

この本で言われているような、

・軽はずみなYes!

・見積もりの甘さ

・ラストスパート主義

が自分の仕事に蔓延し、多くの方にご迷惑をおかけしています。

 

パレートの法則よろしく、最初の2割の期間に8割の仕事を終わらせる。

この本を基に、そんな自分にシフトチェンジします。